ドル円はFOMCを控え小動き。108円台半ばを超える場面があったものの、軟調な経済指標にドルが売られ108円52銭まで下落し、取引を終える。ユーロドルは続落。1.12台前半から半ばで推移。株式市場は主要3指数とも揃って反発。ダウは22ドル上昇。ナスダックはFANG銘柄が上昇を牽引し48ポイント高。債券相場は小幅に反落。長期金利は2.09%台に。金は5日ぶりに反落し、原油も下落。 6月NY連銀製造業景況・・・・

続きを読む