決済代行サービスに関するベトナム国家銀行(中央銀行)の通達第39号/2014/TT-NHNNを改正する通達草案で、eウォレット(電子財布)の1日あたりの取引額上限に関する規定が削除される見通しだ。

  草案では、個人名義のeウォレット(電子財布)の取引額の上限を1日あたり2000万VND(約9万4000円)と規定していた。しかし、中央銀行は意見聴取の結果を受けて同規定を削除することとした。ただし、1か月あたりの取引額上限を1億VND(約47万円)とする規定は維持する。

  草案では、eウォレットを少額取引の決済手段として扱うこととし、マネーロンダリング(資金洗浄)や違法取引といった犯罪の防止を目的とする条項が数多く盛り込まれている。(情報提供:VERAC)