ドル円は中東ホルムズ海峡で2隻のタンカーが攻撃されたことで108円25銭まで円高に振れる場面も。ただその後は大きな値動きもなく108円30銭台で推移。ユーロドルは続落。IMFが域内の経済成長に否定的な見方を示したことで、1.1268まで下落。

 株式市場はホルムズ海峡で不安な動きがあったにもかかわらず反発。ダウは100ドルを超える上昇を見せ、他の指数も揃って反発。債券相場は続伸。長期金利・・・・

続きを読む