商業銀行が提示する長期預金金利の差が銀行間で広がっている。6か月物以上の預金金利では、小資本の民間銀行と大資本の国営銀行との間で金利差が年2~3%となった。さらに大口の長期預金に対しては金利の上乗せも行っており、中には預金金利を年9%近くとしている銀行もある。

  商銀各行の6か月物の預金金利は年5~8%となっており、うち最も高いのはナムアバンク(Nam A Bank)の年8%、続いて・・・・

続きを読む