ジェイテックコーポレーション <3446> (東マ)は、オプティカル事業とライフサイエンス・機器開発事業を展開する研究開発型企業である。19年6月期は第3四半期累計が減収・赤字だったが、第4四半期に売上が偏重して通期大幅増収増益予想である。株価は反落して安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■オプティカル事業とライフサイエンス・機器開発事業の研究開発型企業
 
 放射光施設向けX線ナノ集光ミラーなどのオプティカル事業(放射光用超高精度形状ミラーの設計・製造・販売)と、自動細胞培養装置などのライフサイエンス・機器開発事業(医療・バイオ向け各種自動化システムの開発設計・製作・販売)を展開している。
 
 公的研究機関・大学との産学連携医でニッチトップ製品の量産化・事業化を図る研究開発型企業である。現在の収益柱はオプティカル事業で、ライフサイエンス・機器開発事業を将来の成長ドライバーとして育成している。
 
■19年6月期3Q累計赤字だが通期大幅増収増益予想
 
 19年6月期の非連結業績予想は、売上高が18年6月期比39.5%増の14億08百万円、営業利益が65.9%増の4億04百万円、経常利益が58.0%増の4億41百万円、純利益が68.5%増の2億94百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比34.6%減の4億42百万円で、各利益とも赤字だったが、オプティカル事業における米国向けや中国向けの売上が第4四半期に偏重する見込みのため、通期ベースで大幅増収増益予想である。好業績を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は反落して安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。6月11日の終値は3900円、今期予想PERは約77倍、時価総額は約228億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)