■全店ベースの売上高は18年12月分から6ヵ月連続増加

 綿半ホールディングス(綿半HD) <3199> は6月11日の後場一段と強含み、取引開始後に2489円(84円高)まで上げて年初来の高値を更新した。10日の取引終了後に5月の月次動向「小売事業の2019年5月度の月次業績」を発表し、全店の売上高が前年同月比23.4%増加したことなどが注目されている。
 
 全店ベースの売上高は、18年12月分から6ヵ月連続増加した。また、既存店の5月の売上高は2ヵ月ぶりに増加し同0.3%増加した。5月度は、SNSでの商品アピールや売場の演出強化により、行楽用品や季節用品が好調に推移した。また、「信州花フェスタ」への出店により、ガーデニング用品も好調に推移した結果、既存店では売上高・客単価とも前年同月を上回った。
 
 全店売上高の増加については、18年12月に連結子会社となった株式会社アベルネット(東京都台東区浅草橋)の寄与も含まれている。アベルネットは、パソコン・周辺機器・デジカメ・家電等の通信販売を行い、通販サイト「PCボンバー」のブランドで家電・パソコン等を競争力のある価格で販売するインターネット通販事業を展開する。インターネット通販の黎明期から20年にわたり蓄積したノウハウを活用し、近年では家電・パソコンにとどまらず、インターネットを通じて様々な商品を販売している。
 
 綿半HDはスーパーセンター事業、建設事業、及び貿易事業を営んでおり、スーパーセンター事業では、実店舗での販売だけでなく、インターネットを活用した通販事業も展開して顧客・マーケットに即した事業展開を積極的に推進している。両社の強みを相互活用することで、取扱商品の拡充や仕入機能の共有化、通信販売のノウハウやシステム基盤の共有など、お互いのシナジーが期待できる。グループの企業の価値向上などが期待されている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)