ドル円は5月の雇用統計で、予想を大きく下回る雇用者数が発表されたことで107円88銭まで下落。ただその後はメキシコとの関税を巡る問題が好転したことで108円台を回復し、108円20-25銭近辺で越週。ユーロドルでもドル安が進み、1.1348までユーロが買われる。

 株式市場は利下げ観測と、トランプ大統領がメキシコに対する関税を見送ると発表したことで大きく上昇。ダウは5日続伸し、S&P50・・・・

続きを読む