香陵住販 <3495> (JQ)は茨城県を地盤とする不動産会社である。19年9月期増収増益・増配予想である。そして第2四半期累計の進捗率は順調だった。株価は上値の重い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■茨城県地盤の不動産会社
 
 18年9月JASDAQに新規上場した。茨城県を地盤として不動産流通事業(売買・仲介)および不動産管理事業(管理・賃貸・太陽光発電)を展開している。自社企画投資用不動産の販売により、ベース収益となる管理物件を積み上げている。18年9月期の売上構成比は不動産流通66%、不動産管理34%である。
 
■19年9月期増収増益・増配予想で2Q累計順調
 
 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比10.4%増の58億82百万円、営業利益が3.6%増の5億59百万円、経常利益が7.1%増の5億40百万円、純利益が9.9%増の3億59百万円としている。配当予想は4円増配の年間38円(第2四半期末19円、期末19円)としている。
 
 情報システム投資や店舗移転費用の発生で営業利益は小幅増益にとどまるが、不動産流通事業は大型の自社企画投資用不動産の販売、不動産管理事業は管理物件の増加で、それぞれ堅調に推移する見込みとしている。
 
 第2四半期累計は売上高が33億74百万円、営業利益が3億57百万円で、進捗率は売上高57.4%、営業利益63.9%と順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は上値の重い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。6月5日の終値は1257円、今期予想連結PERは約5倍、時価総額は約16億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)