予想外のADP雇用者数の下振れに、ドル円は107円81銭まで売られる。ただその後は利下げ観測がさらに高まり、ISM非製造業指数が良好だったことで108円台を回復。メキシコとの関税問題が好転するとの期待もあり、108円48銭までドル高が進む。ユーロドルも朝方は1.1306まで上昇し、4月17日以来となるユーロ高を記録したものの、その後は軟調な展開に。1.1220まで押し戻され、この日の底値圏で引ける。株式市場・・・・

続きを読む