KeyHolder <4712> (JQ)はライブ・エンターテインメント事業で収益柱構築を目指している。19年3月期は赤字だったが、19年12月期(決算期変更で9ヶ月決算)黒字予想である。株価は急反落して安値を更新する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。
 
■ライブ・エンターテインメント事業で新たな収益柱構築目指す
 
 Jトラスト <8508> グループで、17年10月旧アドアーズが持株会社へ移行して商号をKeyHolderに変更、18年3月子会社アドアーズをワイドレジャーに譲渡してアミューズメント施設運営領域から撤退、19年3月期から開始したライブ・エンターテインメントやテレビ番組制作を中心に、新たな収益柱構築を目指している。既存の不動産事業および商業施設建築事業は堅実な拡大を目指す。
 
 18年4月ライブ・イベントスペース運営子会社KeyStudio設立、18年6月秋元康氏を特別顧問に招聘、18年7月KeyProductionがテレビ番組制作事業開始、タレント育成・マネージメントのFA Project(FAP)設立、18年11月FAPにおけるカラーコンタクトレンズ事業開始を発表した。
 
 19年3月子会社SKEが芸能プロダクションAKSから譲り受けたSKE48事業を開始、19年3月SAMURAI&J PARTNERS <4764> と業務提携して新株予約権引き受け、19年4月広告・プロモーション企画制作のオルファスを完全子会社化、テレビ番組制作のフーリンラージを子会社化、19年5月フーリンラージが民事再生手続申し立てのイメージフィールドとスポンサー支援基本合意書を締結した。19年7月にはオルファスがKeyStudioを吸収合併予定、19年8月にはフーリンラージがKeyProductionを吸収合併予定である。
 
■19年12月期(決算期変更で9ヶ月決算)黒字予想
 
 19年3月期連結業績(IFRS)は、売上収益が18年3月期比26.2%増の106億11百万円だが、営業利益が4億円の赤字(18年3月期IFRS組み換え後45百万円の黒字)、親会社株主帰属純利益が1億58百万円の赤字(同12億43百万円の黒字)だった。
 
 利益は計画未達で赤字だった。商業施設建築部門における原稿高騰の影響、不動産分譲部門における販売用不動産の評価損計上、不動産賃貸部門における18年3月期の大口収益不動産売却の反動および予定していた大口収益不動産売却の見直し、ライブ・エンターテインメント部門におけるイニシャルコスト計上、M&A関連費用の計上などが影響した。なお金融収益に投資有価証券の期末評価益および売却益を計上した。
 
 19年12月期連結業績(5月23日に決算期変更を発表して9ヶ月決算、IFRS)予想は、売上収益が150億円(12ヶ月決算の19年3月期は106億11百万円)、営業利益が4億円の黒字(同4億円の赤字)、親会社株主帰属純利益が3億円の黒字(同1億58百万円の赤字)としている。ライブ・エンターテインメントやテレビ番組制作を中心に収益改善を目指す方針だ。
 
 なお19年12月期の配当予想は19年3月期と同額の年間1円(期末一括)としている。株主優待制度は18年3月期末から対象株主を2000株(20単元)以上保有株主に変更した。
 
■株価は売り一巡

 株価は急反落して安値を更新する展開だが、売り一巡して反発を期待したい。6月4日の終値は96円、時価総額は約148億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)