■「KEIAI.NETシステム」は物件検索やVR(仮想現実)内覧などで業界をリード

 ケイアイスター不動産 <3465> は6月4日、1483円(26円高)まで上げ、後場も底堅い値動きを続けている。最高益を連続更新する見通しである上、午前11時30分、リクルートHD <6098> 、ソニー <6758> 、楽天 <4755> などでIT分野の知見と経験を積んだスペシャリストを招聘した社長直轄のIT推進室による「IT成長戦略」を発表。改めて注目されている。
 
■不動産業務のIT化を進め商品力の向上や高回転経営など5本の矢を推進
 
 同社では、数年前から、不動産業務をIT化して利便性や効率を高める「不動産テック」(ReTech:リーテック)に取り組み、2017年後半に「ITの戦略的導入のための行動指針」を制定し、「不動産×IT」の実現に向けて取り組んできた。
 
■本体で磨きこんだIT施策をグループ・加盟店へ横展開しシナジーを増強
 
 不動産物件をVR(仮想現実)によって内覧できるシステムや物件に関する諸情報を検索できる「KEIAI.NETシステム」を運営し、グループに加盟する地域不動産店などに導入。電話やFAX、メールなどで行っていた物件確認が不要になるなど、相互の利便性向上を図っている。
 
 4日発表したIT成長戦略では、「ReTech『5本の矢』」として、【商品力の向上】同じ立地、価格帯で競合と比較された際、当社が選ばれる商品競争力・競合参入障壁を確立する目的で、顧客の課題をダイレクトに解消するAI、IoT、VR/AR/MR、Cloudの活用、「顧客体験の向上」「ケイアイの家だからこその付加価値」の拡大をめざす、【高回転経営】AI、BI、RPAを活用したデータドリブン経営による在庫回転率、生産性の向上、利益・財務体質の大幅改善、【業務速度と精度向上・グループケーパビリティの最大化】本体で磨きこんだIT施策をグループ・加盟店へ横展開することでシナジーを増強、などを推進する。加盟店がビジネスを全面完結できるまでの強力な加盟価値を「KEIAI.NET」で提供可能にする。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)