30日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ観測が浮上したことなどを背景に買われ、上伸し前日比6.10ドル(0.47%)高の1オンス=1292.40ドル。この日、クラリダFRB副議長がニューヨークで講演し、インフレ率がFRBの目標2%を長期的に下回れば、「(FRBは)適切な金融政策運営スタンスを考慮に入れるだろう」と発言。利下げを含めた金融緩和を検討す・・・・

続きを読む