ドル円は朝方、経済指標の上振れを好感し109円61銭までドルが買われたものの、長期金利の低下と株価の下落に伴ってジリジリと値を下げ、109円33銭まで売られた。イタリアの財政懸念が重石となりユーロドルは1.11台半ばまで売られる。ユーロは対円でも1月3日急落時以来となる122円前後まで売られる。

 株式市場は大幅に反落。米中貿易問題が長引くとの見方からダウは237ドル安と、この日の安値近・・・・

続きを読む