出光興産株式会社(東京都千代田区)のグループ会社である昭石オーバーシーズ&インベストメント株式会社(SOI)は、南中部沿岸地方カインホア省カムラン市で、SOIが出資する最大出力49.5MWの太陽光発電所を完工した。

  同案件はSOIおよびベトナムの事業会社であるベトカイン(Viet Khanh)、米国のコンサルティング会社であるドラゴンフライ・キャピタル・ベンチャーズ(Dragonfly Capital Ventures)が共同出資するソンザン・ソーラー・パワー(Song Giang Solar Power)が事業主体となり、2018年10月に着工したもの。

  約60haの土地に太陽電池パネル49.5MW分を設置し、5月8日に完工、同月25日にオープニングセレモニーを開催した。発電した電気はベトナムの固定価格買取制度に基づき国営電力会社であるベトナム電力グループ(EVN)に20年間売電し、ベトナムの電力供給へ貢献する。同発電所における年間発電量は約7万8600MWhを予定している。

  出光グループは現在までに日本および米国で累計約500MWの太陽光発電所の開発を手掛けているが、東南アジア地域での大規模太陽光発電所の開発はこれが初めて。今後も更なる開発・運営ノウハウの蓄積を目指すとともに、東南アジア地域におけるクリーンエネルギーの普及に努めていく。(情報提供:VERAC)