今年5月になって米国は対中輸入のほぼ全額に対して追加関税を賦課する方針を示した。中国もすかさず対抗措置をとっているが、中国の株価や為替市場の動揺にみられるように、米中摩擦の激化は中国経済への打撃になる。大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は5月24日、「中国経済見通し:米中摩擦激化、景気は減速へ」と題したレポート(全9ページ)を発表し、従来の中国経済成長率見通しを下方修正した。レポートの要旨は、以下の通・・・・

続きを読む