化成品や建装、建材、機能材料の製造販売を手掛けるアイカ工業株式会社(愛知県名古屋市)の化粧板製造販売子会社「アイカ・ラミネーツ・ベトナム社(Aica Laminates Vietnam)」の運営するメラミン化粧板製造工場が、東南部地方ドンナイ省第3ニョンチャック工業団地に新設され、22日に稼働を開始した。

  同工場はベトナム初のメラミン化粧板製造工場で、総投資額は約26億4000万円。敷地面積は2万7098m2、延べ床面積は1万1318m2(工場1万0448m2、事務所棟870m2)。新工場の開設により、ベトナムやタイなどの東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心としたアジア地域および日本向けの化粧板の製造販売を開始する。

  22日に行われた開所式には、ドンナイ省および第3ニョンチャック工業団地の関係者、工事関係者、アイカ工業より小野勇治社長、岩瀬幸廣取締役、森良二取締役、アイカ・ラミネーツ・ベトナム社より加藤義久社長が出席した。

  開所式で小野社長は、「現在、ベトナムで販売されているメラミン化粧板はすべて他の国々から輸入されており、この新工場がベトナム初のメラミン化粧板製造工場となる。まずはベトナムでシェアNo.1を獲得し、同時に日本やアジア地域への輸出拡大を図る。そして、アジアNo.1のメラミン化粧板メーカーを目指す」と述べた。(情報提供:VERAC)