「和民」や「わたみん家」などの外食チェーンを展開するワタミ株式会社(東京都大田区)とワタミグループの海外事業統括会社であるワタミ・インターナショナル(Watami International)は、地場ソンキム(Sonkim)グループの外食運営会社であるソンキムF&B(Sonkim F&B)との間で、ベトナムにおいて事業を展開すべく「ソンキム・ワタミ(Sonkim Watami)」を設立する合弁契約を2019年1月29日に締結した。

  ソンキム・ワタミは資本金280億VND(約1億3300万円)で、ソンキムF&Bが85%、ワタミ・インターナショナルが15%を出資している。

  これに伴い、ソンキム・ワタミが100%出資する外食運営子会社「ワタミ・ベトナム(Watami Vietnam)」を設立し、6月にはホーチミン市にベトナム1号店としてグリル料理中心の「饗和民」を出店する。ワタミ・ベトナムの資本金は280億VND(約1億3300万円)。

  ベトナム1号店は、ホーチミン市3区にあるソンキムグループが開発した高級コンドミニアム「スカイ・ビラ・セレニティ(Sky Villa Serenity)」の1・2階に出店する。今後は、ホーチミン市、ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市に出店し、10年間で30店以上の展開を計画している。

  ワタミグループは、2019年3月末時点で香港・深?・台湾・上海・シンガポール・広州・フィリピン・韓国・カンボジアに48店舗を展開しており、今後もアジアを中心に出店を進めていく計画だ。

  なお、パートナーとなるソンキムグループは1957年創業で、ベトナムで縫製、不動産、テレビショッピング、ファッション、コンビニエンスストア、外食事業などを展開している。(情報提供:VERAC)