中国の監視カメラメーカー、HIKVISION(杭州海康威視数字技術)が華為科技(ファーウェイ)に続く米国からの排除企業リストに記載されるという観測が高まっている。米NYタイムズが21日に「トランプ政権がブラックリストに加えるかもしれない」と報じた。既に同社は昨年8月に米国政府が中国製の防犯製品の購入を禁じる国防法案を採択したことによって海外売上高が急減。報道を受けて22日の深セン証取での同社株価(深セン:0・・・・

続きを読む