ピアラ <7044> (東マ)は、ビューティ&ヘルスおよび食品市場の通販企業に対してEC支援事業を展開している。19年12月期大幅増収増益予想である。第1四半期は概ね順調だった。株価は底打ち感を強めている。反発を期待したい。
 
■EC支援事業を展開
 
 18年12月東証マザーズに新規上場した。主にビューティ&ヘルスおよび食品市場における通販企業に対して、EC支援事業(ECマーケティングテック事業および広告マーケティング事業)を展開している。
 
 主力のECマーケティングテック事業はオンライン媒体を利用したKPI保証型サービス、広告マーケティング事業はオフライン媒体を利用した手数料型サービスを主力としている。
 
■19年12月期大幅増収増益予想で1Q概ね順調
 
 19年12月期連結業績予想は、売上高が18年12月期比20.7%増の127億75百万円、営業利益が24.0%増の3億95百万円、経常利益が29.4%増の3億89百万円、純利益が42.0%増の2億73百万円としている。大幅増収増益予想である。
 
 第1四半期は売上高が28億21百万円、営業利益が59百万円だった。通期予想に対する利益進捗率がやや低水準の形だが、前年同期比10%増収で利益も概ね計画水準としている。通期は本社移転増床(5月)などで販管費が増加するが、ECマーケティングテック事業、広告マーケティング事業とも伸長して下期に利益成長の計画である。収益拡大を期待したい。
 
■株価は底打ち感
 
 株価は5月14日に上場来安値2150円まで下押す場面があったが、週足チャートで見ると長い下ヒゲを付けて底打ち感を強めている。反発を期待したい。5月20日の終値は2698円、今期予想連結PERは約35倍、時価総額は約96億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)