ドル円は欧州からNYにかけては中国の経済指標を手がかりに緩やかに下落し、109円15銭までドル安が進む。その後、トランプ大統領が自動車関税を巡る判断を先送りするとの報道から、109円69銭までドル買い戻しが進む。ユーロドルも1.1179前後まで売られた後、自動車関税を巡る報道に1.1225まで反発。株式市場は揃って続伸。米政権の通商対立緩和の動きを好感し、ダウは115ドル上昇し、ナスダックも87ポイント高で・・・・

続きを読む