国防省傘下ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は10日、第5世代移動通信システム(5G)サービスで初めての通話テストに成功した。

  これにより、ベトナムは5Gサービスのテストに成功した国として、米国、オーストラリア、日本、韓国に次いで5カ国目の国となった。

  テスト上の端末機器との接続スピードは1.5~1.7Gbpsとなっており、第4世代移動通信システム(4G)の理論上の接続スピードを大きく上回った。

  ベトテルはスウェーデン系エリクソン(Ericsson)と協力して5Gサービスのテストを重ねている。2020年に商業ベースでのサービスを開始すべく、ハノイ市とホーチミン市でテストの範囲を拡大し、料金の策定も行っている。

  現在までに、ベトテルと情報通信省傘下のモビフォン(MobiFone)の2社が情報通信省から5Gサービスの試験展開について認可を取得している。(情報提供:VERAC)