プロパティデータバンク <4389> (東マ)は、不動産運用管理に関するクラウドサービス「@プロパティ」を主力とするBtoB不動産テック企業である。19年3月期は大幅増収増益だった。20年3月期は伸び率が鈍化するが増収増益予想である。これに対して株価はネガティブ反応となったが、目先的な売り一巡感を強めている。戻りを試す展開を期待したい。
 
■不動産管理クラウドサービス「@プロパティ」が主力
 
 18年6月東証マザーズに新規上場した。不動産の運用管理に関する統合資産管理クラウドサービス「@プロパティ」を主力とする「BtoBの不動産テック企業」である。企業の不動産・施設等の資産管理業務の効率化を支援する。また新規事業としてデータサイエンスサービスを19年1月開始した。なお「@プロパティ」登録建物棟数は19年3月末に5万棟を突破した。
 
■19年3月期大幅増収増益予想、20年3月期も増収増益予想
 
 19年3月期の非連結業績は、売上高が18年3月期比30.5%増の16億17百万円、営業利益が27.6%増の3億02百万円、経常利益が25.1%増の2億95百万円、純利益が43.4%増の2億09百万円だった。
 
 主力のクラウドサービスが新規顧客開拓などで7.4%増収と好調に推移し、ソリューションサービスが複数の大型案件のカスタマイズ開発などで2.1倍増収と大幅伸長した。
 
 20年3月期の非連結業績予想は、売上高が19年3月期比13.0%増の18億27百万円、営業利益が3.0%増の3億11百万円、経常利益が5.1%増の3億10百万円、純利益が0.8%増の2億10百万円としている。新サービス開発など中期成長に向けたコスト増加で伸び率が鈍化する見込みだが、引き続き増収増益予想である。好業績を期待したい。
 
■株価は目先的な売り一巡
 
 株価(19年4月1日付で株式3分割)は決算発表に対してネガティブ反応となったが、目先的な売り一巡感を強めている。戻りを試す展開を期待したい。5月13日の終値は974円、今期予想PERは約27倍、時価総額は約57億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)