エヌ・シイー・エヌ <7057> (JQS)は、本年3月14日に東京証券取引所ジャスダック市場に上場した。1995年の阪神淡路大震災の悲劇を繰り返さないために、1996年12月、「安心して住める木造住宅を提供する」こと目的にセブン工業と日商岩井(現双日)の合弁会社として設立。主に「木造耐震設計事業」を展開している。
 
 木造耐震設計事業では、物件の用途や規模に応じて住宅分野」と「大規模木造建築(非住宅)分野」に区分し、さらに住宅分野では、工務店ネットワークを通じて展開する「ネットワーク展開」と持分法適用関連会社である株式会社 MUJI HOUSE 等のハウスメーカーを通じて展開する「ハウスメーカー対応」の2つの路線で事業展開している。住宅分野では、登録施施工店ネットワークの登録施工店数は514社で業界内トップとなっている。
 
 前2019年3月期第3四半期業績実績は、売上高48億8000万円、営業利益2億2700万円、経常利益2億5400万円、純利益1億9000万円に着地。
 
 前19年3月期業績予想は、売上高65億1000万円(前期比7.0%増)、営業利益2億0400万円(同10.7%増)、経常利益2億5700万円(同12.4%増)、純利益1億8300万円(同8.5%増)を見込む。上場で調達した資金は、基幹業務システムを再構築するための資金や技術、営業人員の増員に充てる計画。年間配当は期末一括23円を予定している。※18年12月4日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っている。
 
 株価は、上場初日の3月14日に公開価格800円を51.8%上回る1214円で初値をつけ、同日に上場来高値1241円と上昇。4月1日に上場来安値865円と換金売りに押された後、同15日高値1010円と買われモミ合っている。今20年3月期増収増益・増配含みと観測されており、5月15日に予定される3月期本決算の発表は注目される。前期配当利回り2.3%と利回り妙味もソコソコあり、押し目買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)