ファンデリー <3137> (東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。健康食宅配会員数が増加基調で、19年3月期は7期連続増収増益だった。20年3月期は新工場も寄与して大幅増収増益予想である。そして初配当も実施する。これを好感して株価は急伸している。18年4月の上場来高値を目指す展開を期待したい。

  ■健康食宅配サービスのMFD事業が主力

続きを読む