アイモバイル <6535> は国内最大級のアドネットワーク広告を主軸として、コンシューマ事業およびインターネット広告事業を展開している。19年7月期はふるさと納税事業が牽引して大幅増益予想である。20年7月期も収益拡大を期待したい。株価は3月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
 
■コンシューマ事業およびインターネット広告事業を展開
 
 国内最大級のアドネットワーク広告を主軸として、コンシューマ事業(ふるさと納税事業、ネットキャッチャー事業、人材紹介事業、レストランPR事業など)、およびインターネット広告事業(アドネットワーク事業、動画広告事業、代理店事業、アフィリエイト事業など)を展開している。
 
■19年7月期大幅増益予想
 
 19年7月期の連結業績予想(3月7日に上方修正)は、売上高が18年7月期比11.2%増の200億01百万円、営業利益が41.6%増の30億円、経常利益が46.6%増の30億72百万円、純利益が54.1%増の17億95百万円としている。
 
 インターネット広告事業は市場環境変化で低調だが、コンシューマ事業において主力のふるさと納税事業「ふるなび」が想定以上に好調に推移している。なお第2四半期累計は前年同期比34.6%増収、81.5%営業増益だった。通期ベースも好業績が期待される。また20年7月期も収益拡大を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は3月の年初来高値1051円から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。5月8日の終値は843円、今期予想連結PERは約11倍、時価総額は約204億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)