交通運輸省傘下道路総局によると、全国にあるBOT方式(建設・運営・譲渡)で実施した道路案件57件のうち、約半数にあたる26件で2018年の料金徴収額が財務計画を下回った。一方、他の27件は計画を上回り、残り4件は調査対象外だった。

  料金徴収額が計画を大幅に下回った案件として、南中部沿岸地方フーイエン省のカー峠トンネルが挙げられ、ここでの徴収額は計画を95%下回る4500億VND(約・・・・

続きを読む