ドゥイバグループ(01753)が5月7日、香港メインボードに上場した。公募価格6.0香港ドルに対し、初値は5.7香港ドルだった(売買単位:400株)。公募価格は、仮条件(6.0~8.1香港ドル)の下限で決まっていた。
 
 同社は、中国におけるオンライン広告の仲介が主力。モバイルインタラクティブ広告の仲介では市場シェア50%でトップの実績。
 
 公募で調達する6.87億香港ドルは、約37%を研究開発機能の強化のため、約25%をマーケティング機能の強化のため、約20%を同社の事業および関連する技術への投資のためなどに使用する。
 
 2018年12月期の売上高は11.37億人民元(前年同期比70.07%増)、税前利益は2.99億人民元の赤字(前期は0.98億人民元の黒字)。(イメージ写真提供:123RF)