久しぶりに大きく動いたドル円。112円40銭まで買われたが、対ドルでユーロやカナダが売られたことによる「連れ安」の側面が強く、引けにかけは112円15-20銭まで売られる。ユーロドルは急落。一時は1.1141まで売られ、2017年6月以来のユーロ安を記録。株式市場は揃って反落。主要指数が高値圏にあることもあり、利益確定の売りに押される。キャタピラーが好決算だったが、先行きに慎重な見方を示したことも材料視され・・・・

続きを読む