シンガポールに本社を置く家具の販売会社の設計都会(デザイン・キャピタル)(01545)の公募価格が0.30香港ドルに決定した(売買単位:10000株)。仮条件は0.30香港ドル~0.39香港ドルだったので、その下限になる。主幹事証券は西證国際(SOUTHWEST SECURITIES)。
 
 同社は1981年の設立で、シンガポールのインテリアデザイン会社としてスタートしたが、1995年から家具の小売を開始し、2005年にはアメリカで家具のオンライン販売を始めた。現在、主力は売上高の地域別シェアで約70%を占める米国のオンライン販売。シンガポールには7つの販売拠点を展開し、マレーシアとブルネイにも進出している。
 
 米国では、「Target Marketing Systems」、「TMS」、「Simple Living」、「Lifestorey」などのブランドを展開。中国、および、マレーシアの家具サプライヤーから製品を調達している。また、シンガポールにおいては、「Marquis」、「Lifestorey」、「OM」というブランドで販売している。
 
 公募で調達する10.79億香港ドルは、約62%をより多くの新製品を導入し、グループの在庫を確保するための製品の調達に使われる。また、約10%をシンガポールに開設する新たな2店舗の開設費用に使われる予定。(イメージ写真提供:123RF)