中国政府の景気テコ入れへの覚悟は強く、足元の中国経済は回復基調を強めている――。大和総研経済調査部のエコノミスト小林俊介氏と研究員の廣野洋太氏は、今年3月の全人代の開幕機関に北京、雄安新区、青島を視察し、現地の有識者たちと意見交換を行った結果をレポートにまとめ、4月19日に「『中国経済回復』の虚実」(全9ページ)として発表した。レポートの要旨は以下のとおり。

  ◆「全人代」開幕期間に当た・・・・

続きを読む