17日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金相場は、小幅に下落。この日、中国国家統計局が発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比6.4%増加。GDP伸び率は前期と同じで、今年の政府目標(6.0~6.5%)の範囲内となり、3四半期続いた減速から横ばいに転じたことで、世界経済の減速懸念が後退。市場のリスク選好意欲が改善する中、安全資産とされる金には売り・・・・

続きを読む