前日の急落で東京時間でも110円台後半だったドル円は、良好な米経済指標と長期金利の上昇に111円70銭まで反発。ユーロドルは引き続き小動きで、1.12台半ばでもみ合い。前日と真逆の展開となり、ユーロ円は125円台後半まで上昇。

 株式市場は小動きの中、高安まちまち。ダウは14ドル下げたものの、S&P500は小幅高。まもなく始まる決算発表を見極めたいとする姿勢が強まる。債券相場は反落。長期・・・・

続きを読む