全国保証 <7164> は金融機関と提携の住宅ローン向けを主力として信用保証事業を展開している。19年3月期増収増益予想である。20年3月期も収益拡大を期待したい。株価は3月の戻り高値圏から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■信用保証事業を展開
 
 金融機関と提携の住宅ローン向けを主力として信用保証事業を展開している。18年12月末時点の提携金融機関数は753となっている。18年12月には債権回収会社(サービサー)のYUTORI債権回収を子会社化した。
 
■19年3月期増収増益予想で20年3月期も収益拡大期待
 
 19年3月期非連結業績予想(3月18日に売上高、利益とも上方修正)は、売上高が18年3月期比8.1%増の428億円、営業利益が7.4%増の335億円、経常利益が7.6%増の344億円、純利益が6.6%増の235億円としている。
 
 民間金融機関住宅ローン保証事業において保証債務残高が堅調に推移し、代位弁済発生が低位に推移して与信関連費用が想定を下回ったことも寄与する。20年3月期も収益拡大を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は3月の戻り高値圏から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。4月11日の終値は3770円、前期推定PERは約11倍、時価総額は約2596億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)