オーウエル <7670> (東2)は、昨年12月13日に東京証券取引所市場第二部に上場。同社は、1943年の会社設立以来、産業用塗料で常に販売高トップの実績を上げている。取引先は、約3,000社の仕入先と約3,000社の得意先。豊富な取扱商品の中からニーズに合った最適な商品を提供し、国内外のものづくりを支えている。
 
 現在では、塗料・塗膜形成技術、生産財(化成品・物資)、工事、グローバル、LED照明、機能性光学製品、エレクトロニクスの7つの基幹事業を展開。同社、連結子会社16社及び持分法適用関連会社4社の計21社で構成され、塗料関連事業、電気・電子部品事業の2つの事業に関連する2つの事業に関する商品の販売を行っている。
 
 足元の業績は、前2019年3月期第3四半期業績実績が、売上高478億4300万円、営業利益9億7600万円、経常利益11億4200万円、純利益7億8000万円に着地。
 
 前19年3月期業績予想は、売上高670億円(前期比5.1%増)、営業利益13億5000万円(同12.5%増)、経常利益14億8000万円(同10.7%増)、純利益10億円(同21.5%増)を見込む。年間配当予想は、期末一括20円(同8円増)の増配を予定している。
 
 株価は、昨年12月14日につけた上場来高値926円から1月4日につけた上場来安値602円まで調整を挟んで2月5日高値758円と上昇。その後、2月15日安値688円、3月14日安値678円、4月5日安値678円と売り直され、目先下値を固めた感がある。自動車では顧客ニーズに合わせたカスタムICの開発をサポートしているほか、エレクトロニクス化が急速に進んでいる建設機械に対してジョイスティックコントローラー・ペダル等の機構部品を提供していることが注目される。来20年3月期続伸・増配含みと観測、前期予想PER7倍台・PBR0.43倍と割安感はあるうえ、配当利回り約2.9%と利回り妙味もソコソコある。5月14日に予定される本決算の発表を前に下値水準に押す場面があれば、買いを考えたい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)