アルテリア・ネットワークス <4423> は、昨年12月12日に東京証券取引所第一部に上場。同社は、独自色を持つ通信キャリアの一つ。自社回線を保有するとともに、他社回線も利用して、企業ごとのニーズにきめ細かく対応した通信サービスを提供している。
 
 同社は、主として、インターネットサービス(光インターネット接続サービス、IP電話サービス)、ネットワークサービス(専用サービス、VPN接続サービス及びマンションインターネットサービス(全戸一括型光インターネット接続サービス)を主に大都市圏で事業を展開しているが、マンション「全戸一括型」インターネット接続サービスで国内シェアNo.1の導入実績をもち、安定した高速接続だけでなく、WEBメールなどの基本サービス、居住者様向けISP会員特典や、月額基本料がお得なIP電話サービスやセキュリティ対策など、オプションサービスも充実。「運用コストの削減」「BCP対策」「クラウド接続環境構築」「ネットワーク環境の最適化」「セキュアな通信の実現」「業務効率向上」等、さまざまな顧客の要望に対応している。
 
 足元の業績は、前2019年3月期第3四半期業績実績が、売上高360億6500万円(前年同期比3.5%増)、営業利益56億8100万円(同3.6%減)、経常利益53億3900万円(同4.4%減)、純利益35億7900万円(同2.2%減)に着地。
 
 前19年3月期業績予想は、売上高482億1300万円(前の期比1.3%増)、営業利益78億5400万円(同4.0%増)、経常利益74億1700万円(同3.8%増)、純利益48億7500万円(同5.8%増)を見込む。年間配当予想は、配当性向50%程度を中長期的な目標として年間1回の期末配当を実施し、期末一括26.22円を予定している。
 
 株価は、昨年12月26日につけた上場来安値982円から1月29日に上場来高値1450円と買われた後、3月11日に年初来安値1136円まで調整を挟んで3月14日高値1322円と買われた後、1250円を挟んでモミ合っている。同社は、2018年3月に公表した中期経営計画に基づき、インターネットサービス、ネットワークサービス、及びマンションインターネットサービスの各領域において、同社の強みを活かすことが可能で、高い成長が見込まれる分野やエリアでのサービス展開に経営資源を集中させ、サービスを拡大させている。大手キャリア各社が20年の実用化を目指す高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムが20年以降の成長機会と捉えており、事業拡大により、成長が続くと予想される。前期予想PER12倍台と割安感があり、5月15日に予定される本決算の発表を前に下押す場面があれば、買いを考えたい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)