AmidAホールディングス <7671> (東マ)は、昨年12月20日に東京証券取引所マザーズに上場。同社グループは、同社と連結子会社2社で構成されている。同社は、EC通販事業(印鑑及びスタンプを中心とした商材を自社グループサイトを中心としたインターネット通販サイトで販売)を展開するグループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務を行っている。
 
 主に子会社の株式会社ハンコヤドットコムにおいて、一般消費者及び法人企業を対象に印鑑及びスタンプを中心としたEC通販事業を行っている。また、株式会社AmidAにおいて、WEBマーケティング分野におけるノウハウを活用し、ECサイトの集客・接客・データ分析・改善及び開発からシステム保守までWEBマーケティングの全プロセスをワンストップで提供するデジタルマーケティング事業を展開している。
 
 EC通販事業に特化した株式会社ハンコヤドットコムとEC通販事業に関わるWEBマーケティングに特化した株式会社AmidAという、それぞれ専門性をもったグループ会社が連携し、グループ会社内で販売戦略の企画からECサイトの構築、広告・SEO対策等のサイト集客、EC通販事業(受注、製造、加工、発注、出荷)までを行う一気通貫型ECビジネスモデルとすることで、原価率の低減や当日又は翌日出荷を実現する体制を特徴としているが、東京1拠点・大阪2拠点から全国へ出荷、日本国内約90%以上の地域に翌日午前中配達を可能性にしている。
 
 今2019年6月期第2四半期においては、EC通販事業では、西日本における物流拠点(関西ゲートウエイ)の開設、繁忙期に向けた体制づくりを行ったほか、機械を増設した。デジタルマーケティング事業では、採用計画11名(5名入社、入社承諾者2名)、スマートフォンを利用したポイント及びスタンプシステムの有料サービスを開始している。
 
 今19年6月期第2四半期業績実績は、売上高13億1800万円、営業利益7800万円、経常利益6000万円、純利益4500万円に着地。
 
 今19年6月期業績予想は、売上高29億9600万円(前期比9.1%増)、営業利益3億2000万円(同0.8%増)、経常利益2億9800万円(同6.2%減)、純利益1億8400万円(同9.5%減)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、昨年12月25日につけた上場来安値1030円を底に3月29日に上場来高値4400円と上昇。新元号関連として買い進まれ、上げ一服となっている。25日移動平均線を割り込み、新元号「令和」の発表で目先材料出尽くし感が出ているが、今19年6月期第2四半期第2四半期純利益は計画を11.8%増額しており、通期業績予想の上振れが視野に入ることから、5月13日に予定される第3四半期決算の発表に期待は持てる。ここから10連休前、或いは決算発表前に下値を確認出来るか、前向きな姿勢で見極めるところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)