昭栄薬品 <3537> (JQ)は、オレオケミカルや界面活性剤などを主力とする専門商社である。19年3月期は減益予想だが、20年3月期の収益拡大を期待したい。株価は下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
 
■界面活性剤を主力とする専門商社
 
 オレオケミカル(天然油脂由来の油脂化学品)や界面活性剤を主力とする専門商社である。セグメント区分は化学品事業、日用品事業、土木建設資材事業としている。
 
■19年3月期減益予想だが20年3月期収益拡大期待
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比2.5%増の207億円、営業利益が5.3%減の3億16百万円、経常利益が3.3%減の4億36百万円、純利益が4.8%減の2億99百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比2.5%増収、営業利益が14.6%減益、経常利益が8.3%減益、純利益が10.9%減益だった。主力の化学品事業が堅調に推移して増収だったが、一部原材料価格の変動や運送費の高騰などで減益だった。ただし通期予想に対する進捗率は売上高75.2%、営業利益75.3%、経常利益75.9%、純利益73.9%と概ね順調である。20年3月期の収益拡大を期待したい。
 
■株価は下値固め完了感
 
 株価(18年12月1日付で株式3分割)は反発力の鈍い展開だが、一方で下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。4月2日の終値は1012円、前期推定連結PERは約12倍、時価総額は約36億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)