中国のシリコンバレーと呼ばれる深センは、中国から世界をうかがう先端IT企業が集積し、独特な発展を遂げている。大和総研の金融調査部 研究員の矢作大祐氏は3月28日、「急速な自動化が中国の大手IT企業に促す構造転換」と題したレポート(全1ページ)を発表し、深センを訪問した様子をレポートしている。深センの大手IT企業の間でも「裁員潮」といわれるリストラが行われているという。レポートの要旨は以下の通り。
<・・・・

続きを読む