ドル円は欧州市場で110円70銭まで上昇したが、NY市場では米長期金利の低下を背景に110円29銭まで下落。ユーロドルではややドル買いユーロ売りが優勢に。ドラギECB総裁の発言に、ユーロが買われる場面もあったが、結局小幅に下落。株式市場は下落。景気の減速懸念が強まり、朝方上昇していたダウの上昇を抑え、ダウは32ドル安。債券相場は大きく上昇。長期金利は一時2.35%台まで低下し、2017年12月以来の低水準に・・・・

続きを読む