東京市場のドル/円は、スポット取引の応答日が年度末(3月29日)にあたる事もあって売買が交錯。110.50円台を挟んだ15銭程度の非常に狭いレンジでこう着しました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

3/27(水)
17:00☆ドラギECB総裁、講演
17:00 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
17:30 ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
17:45 プラートECB専務理事、講演
19:00 ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演
19:45 デギンドスECB副総裁、講演
21:30 カナダ1月貿易収支
21:30☆米1月貿易収支
22:30 メルシュECB専務理事、講演 
23:00 米10-12月期経常収支
23:30 EIA週間原油在庫統計
26:00 米5年債入札(410億ドル)
26:30 ビルロワ仏中銀総裁、講演
-----☆英下院、離脱代替案投票

3/28(木)
08:00 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁、講演

※☆は特に注目の材料

 世界経済の減速懸念が和らいだ格好で、ドル/円も110円台後半まで持ち直しています。ただ、米景気後退懸念の引き金となった3カ月物と10年物の米国債金利が逆転する「逆イールド」は依然として解消されていません。ドル/円は、次の材料を待つ間の踊り場的な値位置と見られます。本日はスポット取引の応答日が3月末にあたる「スポ末」につき、ロンドン・フィキシング(25:00)の前後などでの不規則変動にも注意したいところです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:109.900-110.900円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)