KHC <1451> (東2)は、3月19日に東京証券取引所第二部に上場した。同社は、兵庫県の播磨地域を中心に「住生活産業として生み出した新たな価値により、地域や顧客に喜びや豊かさを供給する」という経営理念のもと、同社グループは、同社及び株式会社勝美住宅、住宅の横綱大和建設株式会社、株式会社明石住建、パル建設株式会社、株式会社Laboの連結子会社5社で構成されている。KHCは、持株会社として同社グループの経営管理及びそれに関連する業務を連結子会社5社は、経営戦略として掲げているマルチブランド戦略に基づき、各社のブランドによる住宅請負をメインとした事業を行っている。
 
 今2019年3月期は、同社グループでは、事業会社各社のシェア拡大に向けて取り組んでおり、株式会社勝美住宅は、兵庫県姫路市西部に、大津出張所エリアにおいて初となるモデルハウスを建設しオープン。また、株式会社明石住建は、居心地の良さと生活スタイルに寄り添った「自分らしく暮らす」をコンセプトにしたモデルハウスを、パル建設株式会社は、ワイドスパンによる大空間を実現したモデルハウスを、それぞれ兵庫県明石市に建設しオープンした。モデルハウスの多種多様なニーズに応えた表現により、ブランドコンセプトを明確にすることで、他社との差別化を図っている。
 
 今19年3月期第3四半期業績実績は、売上高95億5700万円、営業利益5億3900万円、経常利益4億9400万円、純利益3億2500万円に着地。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高132億1700万円(前期比2.1%減)、営業利益8億0100万円(同8.0%減)、経常利益7億1600万円(同10.4%減)、純利益4億6700万円(同7.3%減)を見込む。上場で調達した資金は、土地取得などに充てる計画。年間配当予想は、期末一括36円を予定としている。※18年12月14日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っている。
 
 株価は、上場初日の3月19日に公開価格850円を2.1%下回る832円で初値をつけ、同日高値は841円。25日に安値789円と下げた後、小幅ながら上昇している。広告宣伝費や人件費が膨らみ減益予想だが、今期予想PER6倍台と割安感があり、配当利回り4.5%と利回り妙味が増す。住宅ローンの低金利水準の継続や政府による各種住宅取得支援策の効果により、住宅取得に対する関心が継続するなか、新設住宅着工戸数についてはおおむね横ばいの状態が続くと予想され、来20年3月期も今19年3月期並みの利益は確保すると見られている。800円割れが下値となった感があり、配当権利落ちとなる27日以降、押し目買い優位に上値を伸ばすか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)