デリカフーズホールディングス <3392> は、外食・中食産業向けに野菜の卸売を展開している。19年3月期増収増益予想である。そして上振れ余地がありそうだ。株価は反発力の鈍い展開だが、下値固め完了して出直りを期待したい。
 
■外食・中食産業向け野菜卸売を展開
 
 農業と科学者の目を持った「業務用の八百屋」として、外食・中食産業向け業務用カット野菜など野菜の卸売を展開している。
 
■19年3月期増収増益予想で上振れ余地
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比4.7%増の390億円、営業利益が5.1%増の7億30百万円、経常利益が4.9%増の8億円、純利益が0.2%増の4億77百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比7.9%増の297億51百万円、営業利益が27.5%増の5億99百万円、経常利益が25.1%増の6億49百万円、純利益が15.8%増の3億89百万円だった。営業強化、海外産地・国内産地開拓による調達力強化、物流子会社エフエスロジスティックスの事業拡大による増収効果に加えて、第3四半期に野菜調達価格が安定したことも寄与して2桁増益だった。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高76.3%、営業利益82.1%と順調である。通期予想に上振れ余地がありそうだ。
 
■株価は下値固め完了
 
 株価は反発力の鈍い展開だが、1300円台で推移して下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。3月20日の終値は1329円、今期予想連結PERは約21倍、時価総額は約99億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)