昨日のドル/円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて111円台前半で方向感なくもみ合った。FOMCは本日27時に声明と経済・金利見通しを発表。27時30分からパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が会見を行う。政策金利であるFFレートは2.25-2.50%に据え置かれる事が確実視されており、金利見通しで示される今年と来年の利上げのペースが最大の見どころとなる。

 従来の見通しで・・・・

続きを読む