3月19日に香港メインボードに美亨実業(01897)が新規上場した(売買単位:2000株)。初値は0.83香港ドルだった。興勝創建(00896)の建材部門がスピンオフし、紹介形式(Way of Introduction)で上場したもの。
 
 同社は、主にアルミ窓、ドア、カーテンウォール事業の設計・供給・設置を行っている。
 
 2018年3月期の売上高は4.21億香港ドル(前年同期比16.10%減)、税前利益は6495万香港ドル(同3.13%減)。
 
 2018年8月期(5カ月間)の売上高は1.57億香港ドル(前年同期比26.99%減)、税前利益は1137万香港ドル(同68.61%減)。(イメージ写真提供:123RF)