アズビル <6845> は計測技術をベースに各種オートメーション事業を展開している。19年3月期増収増益・増配予想である。株価は順調に水準を切り上げて戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。
 
■計測技術をベースに各種オートメーション事業を展開
 
 計測技術をベースとして、建物設備関連のビルディングオートメーション(BA)事業、工場・プラント設備関連のアドバンスオートメーション(AA)事業、ガス・水道等ライフライン設備関連やライフサイエンス関連のライフオートメーション(LA)事業を展開している。
 
■19年3月期増収増益・増配予想
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比2.5%増の2670億円、営業利益が8.2%増の260億円、経常利益が9.0%増の265億円、純利益が3.4%増の185億円としている。配当予想は18年10月1日付株式2分割換算後で5円増配の年間46円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比1.2%増の1853億59百万円、営業利益が10.4%増の152億60百万円、経常利益が10.8%増の160億23百万円、純利益が19.5%増の112億49百万円だった。BA事業が前期の大型案件の反動となったが、AA事業、LA事業が堅調に推移し、事業収益力強化施策の効果も寄与した。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高69.4%、営業利益58.7%と低水準の形だが、設備投資関連で第4四半期の構成比が高い特性があるためネガティブ要因とはならない。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は3月12日に2572円まで上伸した。順調に水準を切り上げて戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。3月18日の終値は2556円、今期予想連結PERは約20倍、時価総額は約3796億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)