日本タングステン <6998> (東2)は超硬合金製品、セラミックス製品、金属材料製品、電気・電子材料製品を展開している。19年3月期大幅増収増益予想である。第3四半期累計の利益進捗率が高水準であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は下値を切り上げて戻り歩調だ。出直りを期待したい。
 
■超硬合金製品など展開
 
 タングステンやモリブデンの加工で、超硬合金製品とセラミックス製品の機械部品事業、金属材料製品と電気・電子材料製品の電機部品事業を展開している。
 
■19年3月期大幅増収増益予想で上振れ余地
 
 19年3月期連結業績予想は売上高が18年3月期比13.5%増の126億円、営業利益が31.0%増の9億90百万円、経常利益が13.2%増の11億10百万円、純利益が19.2%増の8億30百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比15.6%増の95億09百万円、営業利益が52.2%増の9億08百万円、経常利益が28.0%増の10億39百万円、純利益が24.1%増の7億51百万円だった。機械部品事業、電機部品事業とも好調に推移した。主要製品では衛生用品関連のNTダイカッター、自動車関連のEV用接点が好調だった。
 
 通期予想に対する進捗率は売上高75.5%、営業利益91.7%である。通期予想に上振れ余地がありそうだ。好業績を期待したい。
 
■株価は戻り歩調
 
 株価は12月の安値1993円から下値を切り上げて戻り歩調だ。出直りを期待したい。3月15日の終値は2408円、今期予想連結PERは約7倍、時価総額は約62億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)