東京市場のドル/円は、一時111.90円前後まで上昇しましたが、日銀による金融政策の現状維持決定や、北朝鮮が米国との非核化協議停止を検討との報道が重しとなり反落。ただ、日経平均株価が底堅い動きを続ける中、その後は111.60-70円台に持ち直しています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 3/15(金) 15:30☆黒田日銀総裁、会見 17:55 黒田日銀・・・・

続きを読む