コークス生産大手の中国旭陽集団(01907)が3月15日、香港メインボードに上場した。公募価格は2.80香港ドルに対し、初値は2.80香港ドルと公募価格と同値だった。
 
 同社は、鉄鋼の原料であるコークスの独立系生産事業者としては供給量で世界最大手。公募で調達する15.73億香港ドルは、約40%を債務の返済に、約30%を戦略的な投資や開発に、約20%を環境保護対策等に利用する計画。
 
 2017年12月期の売上高は186.58億人民元(前年同期比52.73%増)、税前利益は8.46億人民元(同2.16倍)。
 
 2018年9月期(9カ月間)の売上高は156.57億人民元(前年同期比7.70%増)、税前利益は18.21億人民元(同2.79倍)。(イメージ写真提供:123RF)