杭州本社で不動産開発会社の濱江服務(03316)が3月15日、香港メインボードに上場した。公募価格は6.96香港ドルに対し、初値は同値の6.96香港ドルだった。
 
 同社は、浙江省杭州に本社を置き、主に長江デルタ地域で高級不動産を中心に商業施設やオフィスビルなど、不動産管理サービスを提供している。公募で調達する3.9億香港ドルは、約35%を不動産管理会社の買収に、約25%を管理サービスシステムの開発に、約10%を地域シェア拡大のために使う計画。
  
 2017年12月期の売上高は3.49億人民元(前年同期比54.59%増)、税前利益は7721万人民元(同2.61倍)。
  
 2018年8月期(8カ月間)の売上高は3.07億人民元(前年同期比43.61%増)、税前利益は6795万人民元(同28.41%増)。(イメージ写真提供:123RF)