三井住友アセットマネジメントは、同社の直接販売チャネル「SMAM投信直販ネット」向けの専用ファンドとして「アクティブ元年・日本株ファンド」を2月5日に設定した。ノーロード(販売手数料無料)で、中・長期的な資産形成に役立つことを目的として展開している直販チャネルでは、バランス型ファンドを中心に7本の品ぞろえだったが、同社の運用の特徴が発揮される日本株のアクティブファンドを加え、新たな利用者の拡大を図る考え。新・・・・

続きを読む